スマートフォンの歴史と日本の通信史

スマートフォンについて

今や現代人の必需品とも言われているスマートフォン。スマートフォンが無かった時代が考えられないという人がいるほど生活に密着しています。しかし、このような歴史をたどるまでには様々な進化の過程があるのです。一体、スマートフォンの歴史にはどのような特色があるのでしょうか。

まず、スマートフォンの機能性での元祖はノキアの「Nokia9000Communicator」だとされています。通話以外にも様々な機能が搭載されており、その機能性からビジネスマン以外にも支持をされていたと言われています。デザイン性の元祖はカナダのリサーチ・イン・モーション・リミテッド社から発売された「Black Berry」です。こちらは現在のスマートフォンを彷彿とさせるディスプレイと操作盤が一体となっている作りになっています。

しかし、私たちの思い描くスマートフォンの原型といえば初代iPhoneに違いありません。タッチパネルスクリーンによるダイレクトな操作感は、iPhoneならではのものであり、そのデバイスはスマートフォンの原型となっています。日本はこのiPhone以前はガラパゴスケータイが全盛でした。iPhoneも当時は流行しないと思われていましたが、発売から年を重ねていくごとにその勢いを増していきます。また、スマートフォンの利用により通信料が跳ね上がることに気付いたキャリアはこぞってスマートフォンのユーザーを増やしていくのです。

歴史上、有数の発明となったスマートフォン。この歴史は日本通信史の歴史とも言えるほど大きな出来事です。スマートフォンの歴史をこのページで学んでいってください。


☆彡 iPhoneに関するお役立ち情報 ☆彡
iPhoneを長く使い続けるコツは、バッテリーを長持ちさせることです。バッテリーの交換だけをすることもできるので、詳しくはこちらのサイトをチェックしてください >> iPhone バッテリー