スマートフォンの歴史と日本の通信史

2009年頃の様子

当時、ガラパゴスケータイが主流だった日本の門戸を開けたのは間違いなくiPhoneの存在が大きいです。しかしiPhone3GSになるまで携帯電話としての機能が低いと言われていました。そのため、iPhone3GSは爆発的な広がりを見せました。また、グーグルマップの便利さもその広がりに拍車をかけたのです。

このようなiPhoneの広がりに喜んだのはソフトバンクです。ソフトバンクは当時どこか印象の薄いキャリアと捉えられがちだったため、iPhoneを独占販売したのは背水の陣だったと言われています。結果、この策に出たことによりキャリアをソフトバンクに変える人たちが続出し、孫社長は稀代の経営者として時の人となるのです。

また、この当時出ていたNTTドコモから発売された日本で初めてのAndroidですが、性能面でiPhone3GSに並ぶことが出来ず、売り上げ的には後れを取っていたという歴史があります。また、auはスマートフォンの発売すらしておらず、完全にソフトバンクの一人勝ちだったのがこの時です。この数年後、大手3キャリアが揃ってiPhoneの販売を始めるとは、まだ誰も想像をしていなかった時期でもあります。